広島県日中親善協会

ブログトップ

中国語講座交流会(料理会)を開催しました!

昨年に引き続き,2月20日(日)に広島市留学生会館において交流会(料理会)を開催しました。協会の中国語講座講師と受講生など,あわせて22名の参加がありました。

今回は,中級コースの張覓先生に材料やレシピなどの準備をお願いしました。品目は「麻婆豆腐」を張覓先生の出身の四川地方の味で,「蒜茸青梗菜(青梗菜の大蒜炒め)」,「西紅柿炒鶏蛋(トマト玉子炒め)」,「湯圓(白玉団子)」の4品でした。ごく一般的な中国の家庭料理とのことで,調味料などお好みの適量でokとのこと。とはいえ,張覓先生のお手本の量を皆さん参考にしていました。

材料を切ったり下茹でする準備を全て整えてから,中華鍋での炒めを一気にこなしました。山椒やニンニクの風味がよく効いていて,どれも御飯がすすむ美味しさでした。

c0134820_15301453.jpg
中華鍋はしっかり熱してから。先生の流石の手さばき!

c0134820_5225931.jpg
麻婆豆腐:四川豆板醤と山椒(実・粉)がしっかり効いてます。辛いです!でも好吃!

c0134820_5272920.jpg
大蒜青梗菜:シンプルな味付けなのにしっかり美味しい。

c0134820_528388.jpg
西紅柿炒鶏蛋:玉子はふんわりと,トマトは旨みが出るまで炒めるのがコツ。

c0134820_5291160.jpg
湯圓:中国では元宵節(旧暦1月15日)に食べるそうです。今回は時間がなかったので,冷凍の湯圓(ごま,ピーナッツ)を茹でました。 
[PR]
by hiroshima-jc | 2011-02-23 13:12 | 中国語講座